「106」 石川美祈子さん、工人デビュー!!

5月、幸兵衛型こけしなどの「坂入ボックス」と一緒に、今さんのお弟子さんの石川美祈子さんのこけしも届きました。写真の後列、左から3本と、右から3本は今さん作です。後列中央2本(幸兵衛型と伊太郎型)と前列5本(本人型)は石川さん作です。

石川さんは今年の4月、津軽こけし館で開催された開館30周年記念「アニバーサリーフェスタ」において、今さんと二人挽きロクロ実演(下写真左)、こけし販売をされ、こけし工人デビューをされました。

石川さんは、平成27年秋ごろ、津軽こけし館に勤務(現在は退職)される傍ら、今さんに弟子入りをされました。(今さんは、平成25年6月、重篤状態で入院、26年5月には、嶽から大舘へ転居されました。体調も十分ではなく、悩まれたようですが、石川さんの熱意を受け入れられました。)津軽こけし館では機械ロクロ使用され、大舘には週2回ほど通われています。今さんの綱引で二人挽きロクロで本人型を中心に製作をされていました。私は、石川さんのこけし製作の支援ではないですが、作られた習作こけしを購入してきました。習作1号は平成27年10月、機械ロクロ作(下写真中央)です。最近は伊太郎型や多兵衛型、幸兵衛型(下写真右の左が今さん、右が石川さん作です。)などにも挑戦されています。一人のこけし工人が誕生し、その変遷が垣間見られたのは嬉しいことです。石川さんのこれからのご活躍を大いに期待しています。機会がありましたら、石川さんの習作1号からデビュー作までを公開したいと思います。みなさんにおかれましても、石川さんをご支援してくださいますことをお願いいたします。

*石川さんのこけしへの署名は、機械ロクロ作は「美」、二人挽きロクロ作は「石川」と、区別されて署名されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です