「107」 斎藤幸兵衛型ダルマ模様

今さんは「嶽・今晃」時代、斎藤幸兵衛こけしに魅了され、髷や笠のボタン模様こけしを小寸から尺5寸まで各種、精力的に作られていました。また、「晃」時代からダルマ模様にも挑戦され、髷や笠、直胴に縊れ胴、そして斜ダルマ模様などを作られています。(上記こけしは左から①②、、、の番号です)

今さんの幸兵衛型ダルマ模様の初作は、平成6年10月13日作(①「G031」)です。笠ダルマ模様初作は、平成7年4月3日作(②「G044」)です。斜ダルマ模様の初作は、よくわかりませんが、私は、平成19年3月3日作(③「G131」 )から、現在までの25本ほどを所蔵しています。平成22年2月15日作(⑥「G116」)は、3本セット(下写真右)でした。今さんはこのように大中小こけしとか、直胴と縊れ胴セット、髷と笠セットなどの組み合わせで作られることが多くあります。ボタンとダルマを一緒に描いた胴模様は、平成24年5月20日作(⑪G366 )のこの時にしか作られなかったようです。⑬(「P033」)は、このブログ「106」の「石川美祈子さん、工人デビュー」で紹介した平成30年4月27日作です。この時は二人挽きの小寸と、石川さんの幸兵衛型こけしとの3本セット(下写真中)でした。幸兵衛型ダルマ模様は、このように各種作られています。

盛秀型こけしにもダルマ模様(下写真右)があります。幸兵衛産と盛秀さんはお互いに影響しあっているとはいっても、髷や笠のあるなし、胸の曲線や胴の括れなどの形態、そして表情が違っています。特に斜ダルマ模様の向きは、幸兵衛型と盛秀型は左右逆向きなのです。今さんは、お二人のそれぞれ違った味わいを今晃の世界で、一旦、昇華して生み出しています。

*斎藤幸兵衛さんの似顔絵です。青森市在住の斎藤竹司さん(幸兵衛さんのご長男)さんから顔写真をお借りして、描きました。

「107」 斎藤幸兵衛型ダルマ模様」への2件のフィードバック

  1. 「斎藤竹司さん(幸兵衛さんのご長男)」とありますが、長男ではなくお孫さんではないでしょうか。『こけし辞典』では、男子は峯一郎(養子)、房次郎とあります。

  2. はい、私の間違いでした。長男ではなく、次男でした。
    こけし手帳562号(平成19年11月号」の「こけし談話会便り」に、竹司さんと描彩されたこけしが掲載されています。
    先日、その竹司さん描彩こけしを入手しましたので、それらを含めて、紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です