「152」 ドラえもんがピノキオになった。(孫たちのコマ遊び・2)

 「糸引きコマ」に、ドラえもんをデコパージュしたら、赤い丸鼻がピノキオのようにピヨ~ンと長く伸びてしまった。

ブログ「150・孫たちのコマ遊び」http://sanejiro.sakura.ne.jp/main/?p=3822#more-3822から、孫たちのコマ遊びが始まりました。

 山形の小野川温泉「つたや物産」(今年5月11日に廃業されました。在庫品の木地玩具は「民芸美里」で販売されています。)さんでは、いろいろな木地玩具を製作販売されておられました。「捻りコマ」「もみコマ」「糸引きコマ」「追っかけコマ」「方位コマ」「三段コマ」「逆立ちコマ」「鳴りコマ」などなどを入手して、孫たちの顔写真やドラえもんをデコパージュしてみました。孫たちがこの夏休みに遊びに来るのが楽しみです。
 「唐笠おばけの方位コマ」を作られた「弥治郎こけし村」の新山民夫さんに「糸引き(大名コマ)で高速回転させるコマ」で「追っかけコマ」を、最大限の大きさで作っていただけるように注文しました。最速で走り回るコマは、当然、二人の孫たちです。こう、期待です!

 まだ、平コマや「ずぐり」(今晃作「N019」)などの紐を巻いての投げコマ系統は、5歳と3歳の孫では、動作が決まらず、少し、難しいようです。小学生にでもなったら、今さんの作った「ずぐり」で、黒石市の「 全日本ずぐり回し選手権大会」に参加したいものです。

梅木修一さん作コマ12ケ月シリーズ「8月」(下の左後ろ写真)は、上のトマトが「糸引きコマ」です。ナスとスイカが「糸引きコマ」で、スイカは「飛び出しコマ」にもなっています。糸を引いて回転をさせると、スイカが割れ、中から赤いスイカの身が飛び出し、回転する仕掛け(飛び出しコマ)になっています。梅木さんは、各月毎に、季節に応じたいろいろな題材、仕掛けコマをシリーズで作られました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です